Skip to content

SNSで話題の配属ガチャ!実際の新入社員の心理は?おじさん世代との認識の乖離について解説!

企業における課題の混迷に対する世代間の認識の違いが、SNSで注目されている。
この議論のきっかけとなったのは、次のような記事だ。
若いころは会社の理不尽さに耐え、将来は高い給料と年功序列を約束された。
今の若者は、高い給料がもらえない、専門的な知識が身につかない、転職ができない、という事実を知らないのだろうか。
ということであった。
確かに、高度経済成長期やバブルの頃と違って、今は一つの会社に留まるメリットを享受できる人はほんの一握りである。
その違いを認識せずに内定を辞退したり、早々に退職したりする若者の身勝手さを責めるのは酷な話だろう。
誤解はある程度は仕方がない。
リプライや引用リツイートで指摘されているように、私が「おじさん」とつぶやいたのは、40代、50代の人たちをイメージしていたからです。
しかし、その世代は氷河期世代で、年功序列の恩恵を受けないばかりか、リストラの対象となり、給料が上がらない世代であった。
正確に言えば、年功序列の恩恵を受けている世代は「おじさん」ではなく、「おっさん」なのである。
面倒な配属騒動で辞めるという選択肢を否定するつもりはないが、やはり会社に残ることと辞めることのメリット・デメリットを冷静に考えることは必要だろう。
ただし、若い人と年配の人では考えるべきことにかなりの差があるのも事実です。
同世代の先輩でも、新卒からずっと同じ会社にいる人と転職した人では、かなり差があるようです。
私は転職経験者ですが、転職を考えている人は「必ず次の行動を決めてから行動する」べきだと思います。
私は転職経験者です。
確かに地方で働きたくないという人もいますが、同じ場所に同じメンバーだけでいても、個人の活性化・成長が難しいことは否定できません。
ですから、いつどうなるかわからない転勤生活ではなく、個人がしっかりと区切りをつけて、納得したことを実践していくことが大切だと思います。
しっかりと区切りをつけて、実践することが大切です。転勤族は年俸と福利厚生を100%受けると考えるのが妥当である。
転勤者は年俸と手当を100%受け取るものと考えるのが妥当である。