Skip to content

電話占いは本当に当たるの?口コミを調べてみた

  • by

電話占いの口コミを調べてみると、7割から8割の人が「その通りだった」「アドバイスに従って行動してよかった」と書いていましたが、正確な統計はわかりませんでした。
つまり、電話占いで「当たる」人と「当たらない人」がいるのが実情です。
個人占いも同様ですが、占い師の伝え方と依頼者の受け取り方によって、査定結果の意味が変わってきます。
そのため、占い自体は正しくても、占いの真意が伝わらず、「間違っている」「ナンセンス」と感じてしまうことがあります。 また、占い師との相性によって当選確率が変わります。
例えば、本当に仲の良い友達とは何も話さなくても、好きじゃないけど仲が悪い友達とはいくら話しても通じません。それら、あなたはそれを感じるかもしれません
どんなに良い占い師でも相性が悪いと話がまとまらず、評価結果も素直に出せません。
そのため、同じ占い師でも正しいと感じる人もいれば、そうでないと感じる人もいます。
査定後、占い師のアドバイスをもとに行動することで、問題が解決し恐怖心が消えます。 占いは、あなたがそれを信じて行動する場合にのみ機能します。
当たると評判の紅陽先生の占いの口コミはこちらから調べることができます。
これまで見てきたように、電話占いは対面占いよりも当選確率が高くなる傾向にあります。
しかし、偶然ではなく、各電話占いサイトでは、当選確率を上げるために様々な工夫をしています。
その一つは、先ほども言いましたが、できるだけ多くの占い師を集めることです。
また、電話占いサイトでは、当選確率を上げるために以下のことを行っています。