Skip to content

退職代行はきちんとしたところを

  • by

退職代行のサービスを選ぶ際にはきちんとしたところを選ばなくてはいけません。中には悪徳退職代行の業者もいますので注意が必要です。また、利用する際は、その会社や事務所の雰囲気を確認しておくことも大切です。ホームページなどには良いことしか書かれていないこともありますし、実際に行ってみたら雰囲気が違ったなんてこともあるかもしれませんからね。
転職活動で面接を受けるときの服装って何にすればいいのかわからないですよね?スーツを着ていけば間違いないと思うのですが、リクルートスーツだとあまり印象はよくありません。私服の場合、ジャケットを羽織っている方が多いようですね。もちろんジャケットを脱いでシャツだけというスタイルでもOKなのですが、あまりにラフな格好も避けたほうが無難でしょう。
退職代行を利用すると、自分で直接上司に伝える必要はなく、代わりに弁護士さんが伝えてくれます。つまり、直接伝えるよりもスムーズに辞められるということですね。
もし仮に退職理由を直接聞かれて答えられなかったとしても、それはそれで大丈夫です。なぜなら、退職理由は本人の希望だからです。いくら会社が嫌だと言っても本人の意思とは関係なく無理やり引き止めることはできませんよね。退職理由はあくまで本人の意思であり、会社の都合ではないわけですから。
ただし、有給休暇が残っている場合、これに関しては会社との交渉が必要になってきます。退職日が決まった後に、残りの有休期間分を請求するということもできますが、これも交渉次第です。
特に有給休暇の使用に関して厳しくしている会社は意外と多いみたいですね。会社としては、せっかく取得した有給休暇を使い切った後に辞められてしまっては困ると考えているようで、できれば残しておいて欲しいというのが本音なんじゃないでしょうか。
そのため、退職時には必ず有給休暇の取得が可能かどうか確認するようにしましょう。もしも有給休暇の取得が不可能だった場合には、別途手当を出すように求めても構いません。しかし、そう簡単に有給休暇を出してくれるようなところは少ないと思います。やはり何かしらの口実をつけて拒否されることが多いですからね。
例えば、病気になったとか、子供が産まれるとか、家族旅行に行くからとか。それなら仕方ないと諦めてしまいがちですが、ちゃんと交渉すれば、有給休暇を使わずとも退職することは可能です。ただ、有給休暇を残しておきたいという気持ちがあるならば、なるべく早めに伝えておいた方が良さそうですね。
退職代行の利用を検討している方は、まず最初に退職代行サービスを行っている会社の情報を集めなければなりません。

退職代行ガーディアン 口コミ