Skip to content

行政書士の勉強のおすすめは通信講座?独学?通学?経験者が語る一番の方法とは?

  • by

行政書士試験に合格するためには、行政書士試験の勉強をしなければなりません。
その勉強の手段としては、独学、通信教育、資格学校・スクールに通うことの3つがあります。
私は大谷教育システムという学校に通いましたが、この学校は授業料が高いです。
そこで、この3つの良い点、悪い点を書いてみます。
まず、独学は、行政書士の勉強を最も手軽に始められるというメリットがあります。
現在、行政書士は人気資格の一つですので、書店には様々な問題集やノウハウ本が販売されています。これらを使って勉強するのが独学です。
独学は一番お金がかからない方法ですが、何を使って勉強を始めたらいいのかわからないということもあるでしょう。
また、よほどモチベーションが高くない限り、勉強できる環境にないため、だらだらと勉強することになってしまうでしょう。
そして、これが一番大きなものです。
それは、最新の試験傾向やサポートがないことです。
サポートは行政書士試験合格への近道です。しかし、頑張る気持ちがあれば、独学でも合格することは不可能ではありません。ただし、完全な独学では行政書士試験に合格することは難しいでしょう。
次に、通信講座です。郵送で教材が送られてくるだけでは、モチベーションが上がらず、試験をサボってしまいがちです。
しかし、大手の通信講座であれば、しっかりとしたカリキュラムとサポートが受けられるので、確実に合格することができます。
もちろん、サポートがあるからこそ、最新の試験傾向や攻略法を学ぶことができます。
そのため、通信講座で行政書士の勉強をするのであれば、サポートや受験のノウハウがありそうな大手の方がおすすめです。サポートは絶対条件です。
ちなみに、通信講座の受講料は、独学よりは高いですが、スクールよりは安いです。資格の学校に通う場合と比べると、半額以下になるケースがほとんどです。
最後に、資格学校にはLECや大栄などいろいろありますが、ノウハウやサポートが充実しているのは大手の会社です。また、学校は周りの受験生と切磋琢磨するなど、他の学校よりも勉強しやすい環境が整っています。
そのため、本気で行政書士試験合格を目指すのであれば、スクールに通うのがベストな選択と言えるでしょう。
しかし、圧倒的に高い授業料と通学にかかる時間は大きな欠点です。しかも、ほとんどの資格学校は都道府県レベルの大都市にしかなく、通学する余裕がない人も少なくありません。
いずれにしても、独学、通信、スクールのいずれにしても、サポートだけは欠かせませんので、サポートが充実しているところで行政書士の勉強をするようにしましょう。
サポート重視のおすすめの行政書士通信講座については下のページで解説中。
専門家おすすめの行政書士通信講座比較
試験に受かるためのおすすめ通信講座について解説しているので是非参考にしてください。