Skip to content

羽生結弦選手『24時間テレビ45』でプロ転向後初のテレビ出演

フィギュアスケートの羽生結弦選手が、8月27日(土)、28日(日)に日本テレビで放送される『24時間テレビ45』でプロ転向後初のテレビ出演を果たします。
オリンピック金メダル2個をはじめ、世界的な大会で実績を積み重ねてきた羽生選手は、自身も2011年に東日本大震災で被災し、その後も被災地と向き合ってきました。
news every.」や「24時間テレビ」で東日本大震災や北海道地震の被災地を訪れ、現地の人々の思いを届けてきた羽生さんが「ぜひお会いしたい!」というのは、2018年の西日本豪雨で被災し、今も広島県で仮設住宅に住む17歳の高校生、三浦靖寿(みうらすず)さんだ。番組では、三浦さんを羽生選手のスペシャルアイスショーに招待しました。三浦さんは羽生選手に何を伝えたのでしょうか。また、羽生選手は三浦さんへのサプライズを自ら企画。
羽生選手は「私が『24時間テレビ』に出演することで、少しでも三浦さんがネガティブな気持ちから前を向くきっかけになればと思います」と語った。
企画のタイトル “羽生結弦選手に会いたい! 羽生結弦選手、プロ転向後初のテレビ出演。被災地へ…17歳の少女へ…想いを込めたSPアイスショー」です。
放送時間 8月27日(土)夕方 ※決定次第、公式サイトにてお知らせします。
羽生選手引退 本日17時発表」(日刊スポーツ 2012年7月19日号)
フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇中の羽生結弦選手(27=ANA)が、24時間テレビ羽生結弦出演何時に現役を引退してプロに転向することを決めたことが7月18日、分かった。
ここで注目したいのは、「引退」という言葉である。というのも、翌日のスポーツ紙では、「引退」という言葉があまり使われていなかったからだ。羽生選手の記者会見で何が起こったのか?
 会見の翌日、前日に「引退」を報じた日刊スポーツの1面は「アマチュアからプロへ」だった。羽生選手の思い」(7月20日付)。
 サンケイスポーツは「夢続けるため、プロの舞台へ!」と報じた。羽生結弦の美学」。
 スポーツ報知は「五輪王者レジェンド27歳、プロ転向を決意 羽生に感謝」と報じた。
 報知の記事は、「プロ選手としてスケートを続けることを決意しました」と始まる。羽生選手の「競技でなくても自分の理想のフィギュアスケートを追求できる」という言葉。日刊スポーツも、会見内容の小見出しに「ここからがスタート」という言葉を使っています。
 この会見から、羽生選手の「意思」は、引退ではなく、プロ転向であることがわかる。
スケーターにとって、引退とは何か?
 サンスポは次の言葉を紹介した。
野球を頑張り、甲子園で優勝したこと。プロスケーターになった。それが引退なのかと言われれば、そうではない。
 確かにそうだ。もしかしたら、会見前に「引退」と報じられたことで、この点を強く説明しなければと思ったのだろうか。
 羽生選手は「今後、競技と名のつくものに出るつもりはない」と言ったが、スケートの世界における「プロ」と「アマ」の違いは何だろうか。
アマチュアとは、自国の国際スケート連盟(ISU)に登録しているスケーターのこと。プロになると、プロ・アマ混合の「ジャパンオープン」を除き、オリンピックや世界選手権などほとんどの大会に出場することができなくなる。(日刊スポーツ、7月20日)
 競技会には出られないが、4回転ハーフジャンプに挑戦し続けるという決意も表明した。まだまだ羽生結弦を見ることができる、というのが結論でした。
 さて、ここで羽生ファンにお伝えしたい情報があります。スポーツ新聞というと、おじさんが買って読んでいるようなイメージがありますが、各スポーツ紙には見開きで羽生結弦選手の写真が掲載されていることが多いです。つまり、取り出せばポスターのようなもの。これは世代を問わず、すべての羽生ファンに伝えたい。おじさんたちだけに見せるのはもったいない。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。