Skip to content

おすすめのエロビデオ通話アプリは!?

  • by

エロビデオ通話アプリ
以下では、Web会話に特に便利なエロビデオ通話サービスをいくつかご紹介しています。各サービスのメリット・デメリットも解説していますので、エロビデオ通話アプリ選びに迷ったら参考にしてください。
ズームズーム
Zoom(メリット・デメリット)
 Zoomは、株式会社ズームビデオコミュニケーションズが提供するビジネス向けエロビデオ通話サービスです。多人数でのコミュニケーションを重視しており、最大1,000人の会議参加者を誇るほか、最大49人の映像を同時に映して会話することが可能です。100名までの会議であれば無料で利用できるため、気軽に利用することができます。録音、ホワイトボード、各種メールサービスとの連携によるスケジュール機能など、多彩な機能で会議をサポートします。
 ただし、無料版では多人数のエロビデオ通話が40分までという時間制限があり、一部の機能が使えないため、Zoomの真の実力を発揮するには、月額2,000円の有料アカウントが必要です。また、その汎用性の高さから、一部の機能を持て余す可能性があることもデメリットの一つです。また、過去にセキュリティの脆弱性が発見されたこともあり、Zoomは機密性の高い会話には不向きであることも注意が必要です。
 しかし、部署内のエロコミュニケーションや、高度な機密保持を必要としない簡単な会議などでは、非常に有効なツールです。また、デバイスを選ばず利用できるため、出張時のコミュニケーション手段としても期待されています。
Zoomの公式サイトはこちら
Teams(メリット・デメリット)
 Teamsは、マイクロソフトが提供するプライベート向けエロビデオ通話プラットフォームで、Skype for Businessの後継として開発され、Web会議やインスタントメッセージなどの機能が継承されています。マイクロソフト独自のOSのほか、Windows、Mac、iOS、Androidに対応しています。マイクロソフト独自のOSであるWindowsのほか、Mac、iOS、Androidに対応し、対応言語も53カ国・地域、181カ国・地域と、場所や環境を選ばず利用できるメリットも見逃せません。
 なお、注意点として、エロビデオ通話アプリとの連携機能はクラウド版に限定されています。つまり、デスクトップ版のWordやExcelなどを使って、通話相手と共同作業を行うことはできない。また、無料版では録音など一部の機能に制限があることにも注意が必要です。総じてTeamsは、海外の相手と仕事をすることが多い方や、チーム内で共同作業をすることが多い方にとって、頼もしい味方になってくれそうです。
Teamsの公式サイトはこちら
Google Meet(メリット・デメリット)
 Google Meetは、Googleが提供するエロビデオ通話サービスで、旧名称はGoogle Hangoutです。最大100人、最大60分のオンライン会議を開催することができ、GMail、Google Spreadsheet、Google Docsなど他のGoogleエロアプリケーションと連携し、Teamsと同じように通話相手と共同作業を行うことが可能です。Googleのアプリケーションであるため、Googleのアカウントがあれば利用可能です。さらに、ブラウザベースであるため、クライアントアプリケーションをインストールする必要がなく、ハードルが低いのも特徴です。
 一方で、必要最低限の機能に絞られているため、Zoomなどに見られる多機能を求める人には物足りなさを感じるデメリットもある。また、一部の機能はGoogle独自のブラウザであるChromeを使用する必要があるため、Chrome以外のブラウザを使用しているユーザーにはデメリットに感じられるかもしれません。とはいえ、簡単かつ安全にWeb会議を行いたい方、エロビデオ通話サービスに必要最低限の機能だけで良い方、普段からGoogleアプリを利用している方にとっては最適なエロビデオ通話サービスだと思います。
Google Meetの公式サイトはこちらです。
エロビデオ通話サービス(女性との1対1のやりとりにおすすめ)
以下では、女性との1対1のやりとりにおすすめのエロビデオ通話サービスを2つご紹介します。上記で紹介したWeb会議のエロビデオ通話サービスとは異なり、どちらも顧客との会話に特化した機能を備えています。